中学生への指導スタイル


中学生への指導スタイル


中学生からは、高校入試に向け少なくとも英語・数学・国語・理科・社会の5科目についてまんべんなく学習を行っていく必要があります。

定期テスト前の学習で『直近で学んだ範囲』の理解度を深め、模擬試験前の学習で『中学入学以降に学んできた学習内容』を全て復習し、それを継続していく事で高い学力の維持が期待できますが、やはり生徒さんによっては部活との両立で悩んだり、不得意科目がでてきたり、途中で息切れしてしまったりします。

私としては、志望校の過去問から出題傾向を把握することはもちろんですが、生徒さんのタイプに合わせて数学・英語・国語・理科・社会の科目ごとに効果的な勉強方法をご提案し指導を行います。

また、模試の結果を継続的に分析し勉強方法が妥当であるか確認を行い、生徒さんの習熟度に応じてより適切な勉強方法を随時提案します。

「学年で10番以内に入る!」、「長崎県で100位以内に入る!」など、目標の立て方は多数ありますが、あらかじめ高い目標を設定し、志望校受験時には余裕を持った実力で臨めるよう生徒さんをサポートさせていただきます。


>>長崎県内高校偏差値情報



長崎市,家庭教師,指導スタイル