高校生への指導スタイル

高校生への指導スタイル

 

高校3年間の受験学習は、生涯年収を決めかねない・・・・というと大げさかもしれませんが、選択する大学や学部によっては将来の就職先に大きな差が出てきますので真剣に取り組んでいきましょう。

 

>>全国の大学偏差値情報

 

 

様々な大学の入学試験科目をご確認して頂くと分かるかと思いますが、英語・数学・国語の主要3科目をしっかりと学習出来ていないと、卒業後の進路がかなり限定されてしまいます。

 

数学が出来ていないと、理科系科目の物理や化学に影響がありますし、英語が出来ていないと大学入試のみならず、将来の行動範囲を狭めてしまう結果にも繋がります。

 

国語については、それまでの人生で積み重ねてきた読書量などに成績が左右される一面もありますので、数学や英語と違い、人によっては努力を尽くしても成績が上がりにくい教科ではありますが、諦めずに成績アップを狙っていきましょう。

 

 

私としては、国公立大学(文系)の受験対策を得意としています。

 

生徒さんの学力、性格、受験までの期間、受験校の傾斜配点などから、合格までの効果的な学習プランを提示させていただきます。

 

なお、生徒さんの中にはD判定から4ヶ月で国立大学に合格された方もおりますので一概には言えませんが、大学受験はこれまでの受験とは違い、量も内容の難しさも桁違いとなってきますので、可能な限り早い時期に目標を立て、そこから逆算して学習計画を立てる事が重要です。

 

3年生になってその時点の自分のレベルに合った進学先を決めるよりは、1年次に高い目標を掲げ、逆算して立てた学習計画を遂行していった方がより良い結果が得られるのは当然とも言えます。

 

したがって3年生だけでなく、受験目前ではない1、2年生からのご依頼もお待ちしております。

 

 

長崎市,家庭教師,指導スタイル