不登校児童への指導スタイル

不登校の原因は、いじめや教師への不信感など生徒さんによって様々でしょうが、私が自分の子供時代を振り返って思い出すのは、子供の世界にはある意味大人の世界以上に残酷な現実があったという事実です。

 

もちろんそういった不登校状態への不安は親御さんだけに限らず、生徒さん自身が一番強く感じているであろう事も容易に想像できます。

 

不登校児童への指導スタイル

 

おそらく生徒さんの目標・希望は、「何とか無事に学校に戻りたい」、「中学では無理でも高校からは学校に通い始めたい」、「学校にはまだ通えないけど基礎学力だけは身につけておきたい」、「社会性を身につけたい」などであると思います。他にも私では想像できないような目標・希望を持っているのかもしれません。

 

そんな現状に対して私が家庭教師として何ができるか考えた時に、もちろん家庭教師として高校受験の手助けも出来ますし、基礎学力をつけるための手助けも出来ますが、それ以上に一人の人間として生徒さんと向き合い悩みや不安を少しずつ取り除くことで、生徒さんが次のステップへ進むための手助けが出来ればと思っています。

 

まず依頼内容自体が、不登校の生徒さんごとに様々であると思いますが、こちらとしては可能な限り親御さんや生徒さんご本人の意見を尊重した上で柔軟に対応させていただきます。

 

例えば学校で日々行われている授業の補填を、完全に私による授業のみで対応するとなると金銭的にも時間的にも多少無理がありますが、私と生徒さん相談の上で学習計画を立て、私に定期的に学習の進捗状況を確認させて頂ければ、完璧とまではいかなくてもある程度学校での学習に遅れずについていく事も可能です。

 

ただし、私や親御さん、そして生徒さん自身の最終的な目標はいずれかのタイミングで学校に復帰したり、次のステップに進むことだと思いますので、その地点を最終目標に指導を進めてさせていただきます。

 

 

不登校児童への指導スタイル