もうすぐ本格的な受験シーズン突入です。皆さんどうやって立ち向かいますか?

【2015年6月7日更新】

 

部活を一生懸命頑張ってきた中高生の皆さんにとっては、とても大切な中総体、高総体の時期が始まりましたね(^^)
長崎のローカルニュースで連日報道される試合結果を、楽しみに見させてもらっています。やっぱり、母校の結果が気になるなあ…。勝っても負けても悔いのないように力を出し切ってくださいね!

 

もうすぐ本格的な受験シーズン突入です

 

部活に力を出しきった後で大変だと思いますが、部活が終わったら本格的な受験シーズンが始まります。こちらも皆さんの人生のなかで大切な時期ですので、精一杯頑張っていきましょう。

 

受験はよく「受験戦争」と言われますが、その呼び名のとおり非常に厳しい競争だったと記憶しています。
では、厳しい受験戦争を勝ち抜くために大事なこととは何でしょうか?

 

 

まず、第一に志望校に受かりたいというモチベーションの高さです。

 

どんなに勉強が得意な人でもモチベーションが低ければその甘さが命取りになるかもしれませんし、逆にあまり勉強が得意でない人でもモチベーションさえ高ければ、スポンジのように知識、考え方を吸収してグッと成績が伸びることだってあります。
モチベーションは何よりの武器になるので、高いモチベーションを持ち続けるよう努力、工夫をしていきましょう。
一例として、常に短期的な目標を設定しておくことが挙げられます。

 

二つ目は、自分に合った勉強方法を見つけることです。

 

暗記が得意なタイプ、合理的に物事をとらえるタイプ、心情表現を読み取るのが得意なタイプ、情熱的で努力を惜しまないタイプなど様々な方がいますが、それぞれのタイプに向いている勉強方法は違うと考えています。
そういった側面から、画一的な教え方をする塾とは別に、私のような『家庭教師』の必要性が生まれてきます。

 

三つ目は、教科ごとにどうやったらいい点を取れるかポイントを把握することです。

 

数学、英語、国語、理科、社会それぞれの教科には、性質というか性格があると思っています。理解を深めるためのポイントを捉えて、教科ごとにどのように勉強していくか的確な計画を立てる必要があります。

 

私なりに受験勉強に向き合うための要素を挙げましたが、ここに挙げていないものもたくさんあります。
何も意識せずに受験勉強するよりも、ずっと効果的に勉強できると思うので、受験に力を注ぐための要素を自分なりに意識しながら受験シーズンを過ごしてみてはいかがでしょう。