モチベーションの維持について

【2016年3月28日更新】

 

3月も終わりに近づき、別れと新たな出会いを迎える季節となりました。私自身、市役所を退職して2年になりますが、当時の同僚の人事異動が気になる今日この頃です…。

 

モチベーションの維持について

 

今年度は、家庭教師業を開始して丸2年になる年でした。ざっくりと感想を述べさせていただくと、我慢の年だったように感じています。
昨年度は受験生を多く受け持っていたため、生徒さんのモチベーションが非常に高く、教えたことをどんどん吸収していってくれました。

 

今年度は、中学や高校の1、2年生を多く受け持たせていただきましたが、本人のモチベーションの高さはそこそこといった状態で、親御さんの危機意識からご依頼を受けることが多かったように思います。

 

私としては、受験生に対するのと同じだけ力を注いだつもりでしたが、成績アップの伸び幅は小さくなっていました。

 

結果がなかなかでないときには、生徒さんも親御さんも、私自身も、果たしてきちんと成績が上がっていくのか疑心暗鬼になってしまいます。

 

そういう状態に陥ってしまうと、成績アップの要素としてもっとも重要な「モチベーションを高く持つ」ことが困難になってきます。

 

モチベーションの維持について

 

この状態を打開するために効果的な方法として、小さな成功体験を積み重ねていくという手段があります。

 

一度しっかり理解できた問題などを多めに解いていったり、生徒さんが得意な科目を重点的に勉強したりすることで、少しずつ成功体験を重ねていけば、勉強に対して以前よりも前向きになれます。

 

また、勉強に飽きてしまった生徒さんに対しては、勉強する科目の優先順位を変えて、いま興味を持っている科目を勉強するなどの工夫していました。

 

そうやって根気強く生徒さんと勉強に取り組む事で、生徒さん自身がモチベーションを回復して自分の殻をやぶることができ、満足のいく成績を勝ち取ることが出来てきたように思います。

 

家庭教師業を開業して2年、ほぼ全員の成績アップを着実に達成しているという充実感を感じながらも、同時に成績をアップさせることはそう簡単なことではないと痛感しているところです。

 

現在、12名の生徒さんを受け持たせていただいており、来年度はこれらの生徒さんのさらなる飛躍を期待しつつ、新たに受け持たせていただく生徒さんへもしっかりと学習サポートさせていただきます。