苦手分野は早めの問題解決をオススメします

【2017年5月28日更新】

 

こんにちは!初夏の季節になり、暑い日も増えています。
熱中症には十分気をつけて過ごしていきたいですね(^^)

 

今回は、学生の皆さまの多くがお持ちだと思う「苦手分野」についてお話したいと思います。ここでいう「苦手分野」は、数学(算数)、英語などの教科という広い分野に限らず、特に「数学(算数)の図形」などといった狭めのものや、5教科全般的に問題文の理解が苦手、といった個々人が抱えているピンポイントの問題についても含みます。

 

苦手分野は早めの問題解決をオススメします

 

人はそれぞれ個性があるので、勉強というひとつの事柄と向かい合うとき、得意とする部分と不得意とする部分が出てきます。

 

何かしらの勉強の目標を達成したい場合、例えば5教科平均80点を取りたいといったようなとき、その人が苦手とする部分が大きく足を引っ張るというのはよくある話です。
具体的には、数学(算数)の図形が苦手だったために50点しか取れなかった、など。そういったケースについて、私なりのアドバイスをいくつかご紹介いたします。

 

 

数学(算数)の図形の展開図が苦手な場合

数学(算数)の「計算」は得意だけれども、「図形」の展開図を考えるのが苦手という場合は、その人が数字の世界で考える力は十分だけど、物事を空間や図として捉える訓練が不足しているというケースがあります。

 

〈解決方法〉
私は何度も空間・図を繰り返し解くことで慣れていくという方法をお勧めしています。箱の展開図の問題であれば、実際にティッシュペーパーの箱などを切り開くなどして、展開図を見える化して解き方を説明していきます。

 

5教科に共通して問題文の理解が苦手な場合

問題文の理解が苦手な場合、普段使っている言葉や文章はよく理解できるけれども、普段はあまり目にしない、堅苦しい問題文を苦手としていることがあります。

 

〈解決方法〉
何度も苦手としている問題文に触れることで、その文章をその人のなかで「普通」のものにまで落とし込みます。特に、入試問題でよく目にする問題文など、頻出の問題文を中心に練習します。

 

暗記が苦手な場合

暗記が苦手な場合は、暗記する単語や文章を目で追っているだけになってしまい、頭の中に残すことができないというケースを目にします。

 

〈解決方法〉
何かと関連付けて覚える方法を使います。
例:英語の「deny(ディナイ)」→「否定する」という意味です。
  (関連付ける方法) 英語の読みに似た「〜でない」と関連付けて、「でない→否定する」と覚える。

 

 

今回ご紹介したものは、ごく狭い分野の克服のしかたです。3つのケースに共通して言えることは、苦手だからこれまで食わず嫌いしていた部分について克服しやすい方法をご提案し、その方法を「普通」のレベルになるまで訓練を繰り返すというものです。
この他、数学(算数)や英語などの教科自体が苦手だという場合には、教科ごとの性格・傾向を捉えることで克服可能になる場合もあります。

 

厳しい表現かもしれませんが、皆さんが大人になり会社員や公務員として給料を貰ったり自営業でお金を稼ぐ立場になったら「苦手だからやらない」は通用しません。
「苦手だけど、それをどう克服していくか?」は誰もが一生を通して付き合い続ける問題でもありますので、地道でも「逃げずに」粘り強く対処法を見つけ出していきましょう。

 

苦手克服の先にはきっと充実感と達成感あふれる世界が待っています。

 

苦手分野は早めの問題解決をオススメします